呼吸調節/反射/咳反射

<<戻る <<Topページ>> 進む>>
イリタント受容器が,気道内の異物や炎症などで刺激されると,反射的に咳を引き起こす.やはり,求心性活動が迷走神経を通っており,反射の中枢は延髄(脳幹)である.

図中のイリタント受容器に発するVb,V-1,Uの経路である.
知識確認練習問題 パソコン画面用印刷用
<<戻る <<Topページ>> 進む>>